水産加工業 導入事例

共和水産株式会社様 岩手県宮古市

事務処理を標準化し、誰もが使えるシステムを構築。
帳票作成時間の短縮、業務効率化を実現!

共和水産株式会社様は、三陸・岩手県宮古市でイカを中心に加工し、全国に出荷している水産加工会社。獲れたての美味しさにこだわり、いかそうめん、丼商品、フライパン調理品とバラエティーに富んだ商品を生産・販売している。

業務の管理ではExcel等の汎用的なものを使用しており、属人的な運用、帳票や台帳の作成に手間がかかるなどの問題があった。

導入機能 標準機能 (オプション無し)
お客様担当パートナー 株式会社プラネックス

導入前の課題

・担当者でなければ事務処理に時間がかかってしまう
・納品書や請求書、台帳の作成に手間がかかる

導入効果

・事務処理を標準化し、誰でも使えるシステムを構築
・帳票や台帳の作成にかかる時間を短縮化


導入の背景

担当者でなければ時間と手間がかかっていた事務処理。

業務の管理には、Excel等の汎用的なものを使用していた同社。納品書や請求書、台帳を作成するのに手間がかかる上、担当者でなければ処理するのに非常に時間がかかる状態だった。
豪商の製造元であるプラネックスが掲載された新聞記事で豪商を知り、システムの導入を検討した。


導入の決め手

システムの選定では、導入した後のサポートを重視した。
総務・品質管理部の木村部長は、「工場で使っている機械・設備もそうだが、価格だけで導入すると、後々維持費が高くついてしまう。近くにある企業から導入した方が、安心感があった。」と話す。

また、近隣の水産加工会社に導入実績があったことも決め手の一つになったという。
「商品数が多いので、台帳を整理するのに時間がかかったが、スケジュールや運用指導に問題はなかった。食品製造業向けのシステムなので、大掛かりなカスタマイズもなく短期間で本稼動できた」と振り返る。


導入の効果

いかそうめん
三陸(岩手県宮古魚市場及びその周辺市場)に水揚げされる『するめいか』を使用し、ソーメン状に仕立てた一品。解凍しやすく、食べやすい小分けパックになっている。

事務処理を標準化し、誰でも使えるシステムを構築。
帳票や台帳の作成を時短化。

2015年9月、藤原工場へ豪商を導入。
システムを導入して業務を標準化することで、担当者でなければ時間がかかっていた業務を誰でも行えるようになった。以前は非常に手間がかかっていた納品書や請求書の発行・訂正や、台帳関係の資料にかかる時間も短縮できたという。
また、小さな文字で運送会社から間違えられやすかった送り状の文字を改善。現在は満足して使用している。

「食品製造業務向けのパッケージなので、安心して使っている」という木村部長。「現在、購買管理を使用していないので、折を見て活用していきたい」と、さらなる業務効率化を図っていく考えだ。


お客様プロフィール

前浜宮古のライブ感を全国の食卓へ――

共和水産株式会社様は、三陸・宮古で水揚げされるイカを中心に加工して全国へ出荷している水産加工会社。いかそうめん、丼商品、フライパン調理品とバラエティーに富んだ商品を生産・販売している。
獲れたての美味しさにこだわり、1回のみ凍結するワンフローズン品「いかそうめん」を作り、全国のお客様へ鮮度の良い商品をお届けしている。

企業名 共和水産株式会社
所在地 岩手県宮古市
事業内容 冷凍食品(生食用/加熱用)の製造・販売
主要製品 いか/さんま/いくら
設立 昭和60年7月
資本金 1,600万円
従業員数 48名
URL http://www.kyowa-suisan.co.jp

※2016年10月時点


↑ PageTop

導入事例・お客様の声

豪商ユーザーサポートツール

豪商ユーザー様向けにリモートでの保守サポートを行っております。 豪商をお使いのお客様は、リモートツールを事前にダウンロードし、対象のサーバー、クライアントに、インストールして頂くようお願い致します。

製品別利益管理システム 豪商Profit

製品別利益管理システム豪商Profit

豪商Profitのページはこちら


  お問い合わせは
    TEL 0193-21-1888
    受付時間 9:00 〜 17:00

       お気軽にご相談ください。